diamond

ダイヤモンドは砕けない

ダイヤモンドの価値を決める指針のひとつに4Cと呼ばれるものがあります。4Cとはカラー、カット、クラリティ、カラットのことで、個人で価値を判断しやすいのはカラー、カラットなどです。カラーは透明度のことを主に指し、透明に近いほど価値は高いとされています。ただしレアな色のダイヤモンドもあり、そういった物は透明でなくても価値は高いです。カラットは重さのことで、重さの違いはダイヤにおいて非常に重要です。

当然重いほうが価値が高く、また新たに研磨しやすいというメリットもあります。カットに関しては業者、専門家の人が主に判断するダイヤの違いなので、素人をダイヤモンドを見て判断するものではないです。クラリティも同様で、こちらは内包物の大きさや数などを指します。内包物が小さく、それでいて数が少ないダイヤは希少性が高い上に価値があります。このようにダイヤモンドの違いはカテゴリー別に把握をすると、理解がしやすいです。